株式会社 ユー企画創建

お問い合わせフォーム

お見積り、その他ご相談のお電話 024-575-1905

家づくりの考え

家づくりの考え

[ 北海道で建てる家(高気密高断熱住宅)を福島に。 ]

Basis of the HOKKAIDO - 北海道基準の住宅

北海道の寒さに耐える住宅の建設には、いろいろな問題があります。 価格はもとより、湿気、害虫(シロアリ等)暖房事情など他にもさまざまな 違いがあります。 価格は通常の住宅+300万円.といわれております。 体感価値は、計り知れないです。(夏涼しく・冬暖かい家ですね) 北海道にシロアリはいません。ですから基礎断熱が北海道の基準です 対策としては、ベタ基礎+床下断熱とし対策いたします。 湿気は換気扇を全熱改修のタイプにして、湿気又は乾燥を防ぎます。 高気密高断熱住宅は北海道や北欧など寒く、乾燥した地域で生まれた住宅ですので、その工法をそのままに高温多湿の場所に建てたら、住みにくい家ができ上がってしまう恐れもあるのです。 そのため私達もいろいろと工夫して、地域に合った高気密高断熱住宅を建てる努力をしています。

Advantage.01 - 省エネルギー

冷房や暖房が良く効きますので光熱費を節約できます。 また、外気の影響を受けにくいので快適な室温を長く保てます。 気密・断熱のレベルが高いと、夏や冬にエアコンをつけっぱなしの方が電気代が安くなるようです。(殆ど温度が変化せず、エアコンが少ししか作動しないため)

Advantage.02 - 家の中での温度差が少ない

お風呂に入るときの寒さや1階2階の温度差が通常の家より少なくなります。 各部屋の温度差が少なくなることにより快適に過ごすことが出来る他、ヒートショックなど健康にかかわるリスクを低減できます。

Advantage.03 - 結露が起こりにくい

結露は湿った温かい空気が急速に冷えたときに起こります。 そこで24時間換気をすると外気との湿度の差が抑えられます。 さらに冷えやすい窓を外の温度が伝わりにくいペアガラスの樹脂サッシなどにすると空気が冷える場所がなくなります。 結果、このような仕様の高気密・高断熱住宅は結露が起こりにくくなります。 また結露が少なくなるとカビやダニなどが発生する可能性も低くなり、健康を守ることにつながります。

Advantage.04 - 24時間換気システムの効率向上

最近の家の多くは全部屋に繋がっている24時間換気システムが搭載されていることが多いです。 気密性が高いとこの換気システムによる換気の効率が上がります。 換気の効率が上がることにより、空気の入れ替えがしっかり行われ、シックハウス症候群になるリスクを抑えることが出来ます。

▲ページの先頭へ